メンズ服通販サイト

結婚式二次会の基本的な服装について

結婚式の二次会に参加する方は、どんな服装をしていけば良いのか悩みがちです。

 

常識がないと思われないためにも基本的な服装の心得をチェックしておきましょう。

 

まず、結婚式の披露宴にゲストとして出席していた方が、続けて二次会に参加する場合は、男性ならフォーマルスーツのままという方がほとんどです。

 

しかし、二次会のみ招待された方は、基本的にはフォーマルスーツでなく私服でもOKです。

 

近頃は、結婚式の二次会のパーティーは、気心の知れた友人同士でカジュアル&アットホームな雰囲気で行うケースが多いので、私服で参加するのが一般的です。

 

もちろんパーティーの雰囲気によっても異なりますので、あらかじめ主催者である新郎・新婦に確認を取るか、招待される友人や仲間同士で服装について話し合っておくと恥ずかしい思いをせずに済みます。

 

確認を取るのが難しい方は、無難な服装を心がけるようにしましょう。

 



 

結婚式二次会に私服で参加する時のファッションの選び方

 

結婚式の二次会に私服で参加する時は、あくまで“フォーマルな場”であることを意識するようにしましょう。

 

披露宴会場から二次会の会場へと足を運ぶ方も多いため、フォーマルな空気が漂っているところへカジュアル過ぎるファッションで登場してしまうと、場違いな服装として浮いてしまう事があります。

 

招待状に「私服・平服でお越し下さい」と書かれている場合もありますが、カジュアル過ぎるファッションはNGです。

 



 

ジーパン、Tシャツ、パーカー、ハーフパンツといったラフ過ぎるファッションは、基本的には結婚式の二次会には不適切な服装となりますので注意しましょう。

 

ジャケット、ワイシャツなど、カジュアルファッションの中にもフォーマルな空気を漂わせた“ジャケットスタイル”で参加するのが無難です。

 

フォーマル過ぎず、カジュアル過ぎない服装ならパーティーの雰囲気に関わらず、浮いてしまうことがないので、どんな服装で参加すべきか迷った時におすすめです。

 

「テーラードジャケット」や「オックスフォードシャツ」を合わせたキレイめ系のカジュアルファッションなら、ノーネクタイでもフォーマル感を出すことが出来ます。

 

 

結婚式というおめでたい席のため、少し明るめのシャツやジャケットをセレクトするのもおすすめです。暑い時期でも、薄手素材や綿麻を使用した春夏用のジャケットがありますので、シーズンに合わせたアイテムを選ぶようにして下さい。