メンズ服通販サイト

2015メンズコーデおすすめ商品【1月号】

メンズスタイル

 

 

 

 

トレンドを押さえた激安アウターも魅力的ですが、大人の男性なら長く愛用できる良質なアウターを今年は手にしてみませんか?

 

メンズスタイルで、毎年発売直後に”即完売”してしまう大注目の「日本製メルトンスタンドコート」が入荷しました。

 

国産ならではの上質なアウターで、しっかりとした作りと飽きることのないデザイン。そして何度でも袖を通したくなる美しいシルエットの3拍子を揃え、5年先でも愛用できる製品です。

 

生地、縫製、すべてを日本で行っているため、他のアウターと比べるとややお値段は高めですが、長く着られるので結果的には経済的です。

 

さらに、防寒力を高めるウール素材を90%も含んでいるので、機能面も優れています。
スッキリとしたシルエットなのに、厚手のアウターを羽織っているかのような温かさがあるので、厳しい冬の寒さでもオシャレな着こなしを楽しむことができます。

 

スタンドカラーの襟元がスタイリッシュさを盛り立て、コーディネート全体を知的な印象に見せてくれます。

 

ブラック、ネイビー、チャコール、ベージュの使いやすい4色展開となっていますので、大人の男性の魅力を引き立てる、メンズスタイル一押しのコートを完売前にチェックしておきましょう。

 

 

 

 

スプートニクス

 

 

 

冬のコーディネートはアウターを着てしまうので、気が付けば周りと同じような恰好になってしまう事があります。周りに差を付けるコーディネートにするためには、小物使いにこだわってみるのがおすすめです。

 

スプートニクスでは、この冬大人気となっている「ハリスツイードのバッグ」を販売中です。ハリスツイードは、スコットランドのアウター・ヘブリディーズ諸島のハリス地方で、伝統ある職人達が、羊の新毛を手で紡いだ手織りの生地で上質なツイード製品です。

 

人気ファッションブランドの”インディスペンサブル”とハリスツイードの限定コラボバッグは、センスの良いアイテムであること間違いナシ!いつものコーディネートに合わせるだけで、ワンランク上の冬の着こなしに仕上げることができます。

 

特におすすめしたいのはリュック型で、荷物が多い日でも安心の収納力の高さと両手が使える便利な機能性が魅力的です。また、ショルダー部分は長さが調節できるので、アウターを羽織っていても窮屈にならず、アクティブに動けます。

 

カジュアルなのに上品なデザインのバッグは、どんなシーンにでもマッチしますので、荷物が入れば何でも良い。そんな風に考えている男性にこそ手にして欲しいアイテムです。

 

 

 

 

メンズファッションプラス

 

 

 

 

寒さが本格的となる1月のシーズンは、アウターを主役にしたコーディネートに注目です。
マネキン買いが出来るメンズファッションプラスでは、「モッズコート」を使った冬コーデを提案しています。

 

カジュアルなイメージが強いモッズコートですが、ベージュカラーなら落ち着きのある雰囲気に仕上がります。ベーシックなデザインのモッズコートは、毎年冬の定番アウターとして登場していますので、トレンドに惑わされることなく長く愛用できます。

 

また、おしりまですっぽりと隠れる長めの丈は、裾を絞ることも可能なので、風の強い日や雪の日など、寒さが増す日には防寒力を高められるのも魅力的なポイントです。

 

マネキンコーデのセットに含まれている、肌触りの良いカシミヤタッチのVネックニットをインナーに。そして、脚長効果のあるパンツをボトムスに合わせれば、大人っぽいキレイめのコーディネートが完成します。

 

ベーシックなカラー使いなので、マフラー等の小物アイテムも合わせやすいですし、アウターを脱いでもデザイン性のあるボーダー柄なので、スタイリッシュな雰囲気を保ったままでいられます。

 

新年会、成人式の二次会、そしてちょっぴり先のバレンタインデートにまで使えるコーディネートです。

 

 

 

 

 

 

 

メンズカジュアル

 

 

 

 

オシャレは我慢!なんて事が言われていますが、寒さは我慢できない!という方におすすめしたいのは、メンズカジュアルから販売している「メンズ用のムートンシューズ」です。

 

女性達の間では、すっかり冬の大人気アイテムとなったムートンシューズですが、人気のポイントは何と言っても防寒&保温に優れた機能性の高さです。

 

寒さが厳しい冬の季節は、足元から体が冷えやすくなります。ムートンシューズなら、一般的なシューズと比べて、履いた瞬間から温かさを感じることができますので、気温が低い日の外出時でも快適に過ごせます。

 

メンズカジュアルでは、レースアップブーツ、エンジニアブーツ、モカシンシューズの3タイプ各3色ずつムートンシューズを展開しています。

 

レースアップは折り返しが可能なので、2wayのデザインでバリエーション豊かな表情が魅力的です。エンジニアはハードな印象のデザインなので、男性らしく履きこなせます。
どちらもブーツインスタイルで、季節限定の冬コーデファッションを楽しみましょう。

 

そして、モカシンシューズはローファーやスリッポンと同じような感覚で履けるので、ムートンブーツとは違ったクールな着こなしが楽しめます。シューズの内側にムートンがあしらわれているので、フワフワの履き心地がクセになりますよ。

 

 

 

 

 

マイノリティ

 

セレクトショップMinoriTY

 

 

 

アウターはすでに持っているけれど、冬コーデの着こなしに幅を広げたいと考えている方におすすめしたいのは、マイノリティーから販売中の「3way裏ボアマウンテンパーカー」です。

 

カジュアルなファッションが好きな男性に人気が高いマウンテンパーカーですが、マイノリティーでは内側にボアをあしらってあるので、防寒対策をバッチリ兼ね備えたアウターとなっています。

 

ふかふかのボア素材は、着心地も良く保温性に優れているので、冬コーデの主力の1枚となってくれるはずです。

 

さらに、ボアは取り外しが可能となっているので、春先にはスプリングコート変わりにマウンテンパーカーを着用出来ますし、ボアパーカーとして単品で使用することも可能です。
1アイテムで3パターンの着こなしが楽しめるので、着回し力があり、今から買っても損のないアウターです。

 

インナーにボアをあしらっているとアウター自体が重いのでは?と心配になりますが、総重量は580gと非常に軽量です。とても軽いアウターな上に、撥水効果があるので雪や雨にも強い商品です。

 

機能性とデザイン性を兼ね備えたアウターなので、2枚目買いでも満足度が高く、お気に入りの1着としてヘビロテすること間違いありませんよ。

 

 

infoabso

 

 

 

 

 

オシャレで快適な冬ファッションを楽しみたい方は、トレンドアイテムである「ニット帽」を使ったコーディネートにトライしてみましょう。

 

インフォアブソでは、ケーブル編みのざっくりとしたデザインが素敵な「ニットワッチ帽」を販売しています。

 

ニット帽は冬の寒さから守ってくれる実用度の高い小物アイテムです。
帽子=オシャレ上級者アイテムと思っている方も多いのですが、ニット帽なら肩肘張らずに格好つけすぎることもないので、年齢を問わず、誰もが手軽にファッションに取り入れられるところが魅力的です。

 

また、折り返しがあるケーブル編みのニット帽は、上品な印象になるので、帽子をかぶるだけでコーディネートセンスが上がります。

 

ニット帽の中には、トップ部分が長めのデザインもありますが、顔が大きく見えてしまうというデメリットがあるので、スタイリッシュさに欠けやすくなります。
しかし、ワッチ帽ならトップ部分が低く、頭にフィットするデザインになっていますので、バランスの良いスタイリッシュなコーディネートに仕上がります。

 

全部で8色展開となっていますので、ベーシックなカラーまたはコーディネートのアクセントとなるカラーを選んで、寒さに負けない冬のおしゃれを楽しみましょう。

 

 

 

 

SHOP LIST

 

 

 

 

この冬大人気のアイテムとなっている「タートルニット」は、何枚持っていても使えるアイテムです。

 

SHOPLIST.comでは、リピ買いする人が続出中の激安タートルニットを販売中です。
首をすっぽりと覆うタートルネックのニットは、マフラー等の巻物をしなくても保温力を高めることができるトップスなので、シンプルな着こなしが好きな方におすすめです。

 

また、今シーズンはクラシックな着こなしがトレンドとなっていますので、流行のチェスターコートやロングコートとの相性も抜群です。
もちろんカジュアルな雰囲気のファッションが好きな方は、モッズコートやダウンジャケットと合わせてもgoodなので、寒い時期のヘビロテアイテムとして活躍してくれるはずです。

 

M、L、LLの3サイズで、ブラック、チャコール、ワインレッドなど各5色展開となっています。お値段は1,678円と、まとめ買いしたくなる激安プライスなので、色違いで揃えておくにもおすすめです。

 

体にフィットするデザインとなりますが、リブ仕立てなので伸縮性があり、締め付け感もなく着心地も良いタートルニットです。チクチクとした嫌な肌触りもありませんので、キレカジからアメカジまで、幅広いコーディネートに使ってみましょう。